« 2014年6月 | トップページ

2014年7月 8日 (火)

ブログの引っ越しと「マイフォト」について(お知らせ)

 このブログの残り容量が、いよいよわずかになってきましたので、 Part2 として下のアドレスに引っ越すことにしました。 新しい所でもよろしくお願いいたします。

   http://soyokaze2jp.blogspot.jp/

 なお、サイドバーにある「マイフォト」は、これまで記事にしてきた鳥や虫たちの写真検索ができるように作成してきたもので、残り容量を使い、新しいブログにもリンクさせて充実させていくつもりです。 ただし、記事もそうですが、誤りも多々あると思いますので、お気づきの時は連絡をよろしくお願いいたします。

 この機会に、「マイフォト」の構成について、少し書いておきます。 ここに載せているのは、自宅(大阪府堺市)周辺、少なくとも日帰りで観察したものに限定しています。
 タイトルはできるだけ分かり易くするため、分類学的体系とも少しずれています。 それぞれの内容は次のようになっています。

01 鳥
 日本鳥学会の鳥類目録にある科の順番に従って配列しています。 同じ科の中では、ほぼあいうえお順に並んでいます。
02 バッタの仲間
 ハサミムシ目、ゴキブリ目、カマキリ目、ナナフシ目、バッタ目(バッタ、キリギリス、コオロギなど)を、この順序で載せています。
03 トンボの仲間
 トンボ目を科ごとにまとめています。
04 カメムシの仲間
 カメムシ目を載せていますが、このカメムシ目は多様性に富んでいます。 口が針状になっているのが特徴ですが、いわゆるカメムシ以外にも、アメンボ、セミ、ヨコバイ、ウンカ、キジラミ、アブラムシ、カイガラムシなども全てカメムシ目です。
05 ガの仲間
06 チョウの仲間
 ガとチョウは同じ目(チョウ目)ですが、1つにまとめるとあまりにも多くなりすぎるので、分けています。
07 ハエ・アブの仲間
 カ、ハエ、アブなど、ハエ目を載せています。 翅が2枚であるのが特徴です。
08 ハチの仲間
 ハチは生態的にも形態的にも多様性に富んでいます。人を刺すことのできるハチはほんのわずかです。アリもハチの仲間です。
09 甲虫の仲間
 カブトムシやテントウムシなど、硬い前翅を持っているグループです。
10 その他の昆虫 & トビムシ
 見かける種類の少ないグループを集めました。 イシノミ目、カゲロウ目、カワゲラ目、チャタテムシ目、シロアリ目、アザミウマ目、アミメカゲロウ目(ヘビトンボ、ウスバカゲロウ、クサカゲロウなど)、シリアゲムシ目、トビケラ目、トビムシ目などを載せています。
11 いもむし・毛虫
 ハエ目の幼虫やハチ目の幼虫など、チョウやガの幼虫に似たものも載せています。
12 クモ
 クモ目、ザトウムシ目、ダニ目を載せています。

13 節足動物(六脚類・クモ以外)、14 節足動物以外の無脊椎動物、15 Face、16 植物、17 四季の風景 については、説明を略します。

 このブログには検索から訪問していただく方も多く、ブログを閉鎖するわけではありませんので、過去の記事も活用していただくとうれしく思います。 過去の記事に対するコメントも、いただいたことが分かるようにしておきますので、お返事させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「昆虫博士入門」の紹介

 全国農村教育協会から「昆虫博士入門」(定価2,750円+税)が出版され、大手の書店店頭には7月半ば頃から並ぶと思います。 この本の「第四章 昆虫博士をめざして」で、参考になるサイトのひとつとして、このブログが紹介されています。

Book140708_1

内容:
 第一章 昆虫の体の構造   第二章 昆虫のくらし
 第三章 いろいろな昆虫を見る   第四章 昆虫博士をめざして

 図鑑として使用するには載せられている種類数は少なすぎますが、いわゆるマイナーな昆虫などについてもしっかり解説されていますし、形態や生態など、「昆虫」というものの概略を知りたい人にはお勧めです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

アオバネサルハムシ

Aobanesaruhamusi140624_1

 写真はヨモギにいたアオバネサルハムシです。 ホストはキク科植物で、ヨモギもキク科です。 なお、「サルハムシ」の名前の由来については、イモサルハムシのところに書いています。
 写真を撮った日はあちこちにたくさんいたアオバネサルハムシですが、数日後に同じ場所に行ってみると、全くいなくなっていました。 これまでに何度か書きましたが、これらの虫たちの集合離散は全く不思議です。 においで連絡を取り合っているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

コジキイチゴ

Kojikiichigo140624_1

 写真はいわゆるキイチゴの一種で、本州中部以南に分布するコジキイチゴです。 果実(偽果)も木の高さも、キイチゴ類のうちでは大きい方です。

 上にも書いたように、キイチゴ類の果実は偽果で、「キイチゴ状果」と呼ばれています。 キイチゴ状果を構成している粒の1つずつがほんとうの果実で、この中に種子が1つ入っています。 上の写真でも、ほんとうの果実1つずつにメシベの花柱の跡がヒゲのように残っているのが分かります。
 つまりキイチゴ状果は、ほんとうの果実が隣同士互いにくっつきあっています。 多くのキイチゴ類のキイチゴ状果が球形に近いのに対し、コジキイチゴのキイチゴ状果は大きく、楕円体です。 たくさんのほんとうの果実が層状にくっつきあって大きくなれば、その内部は空洞化します。

 上はコジキイチゴのキイチゴ状果の内側を見たもので、背景は私の手のひらです。 内部が空洞になっているのが分かるでしょう。
 コジキイチゴの名前の由来にはいろいろな説がありますが、有力な説の1つでは、この内部が空洞の偽果の様子が蒸し器として使われた甑( こしき )に似ていることから、「こしきいちご」が訛ったものとされています。
 このキイチゴ状果は、甘さは控えめですが、あっさりしていて、おいしく食べることができます。

 コジキイチゴの葉は3~11枚ほどの小葉からなる複葉で、茎には棘があります。 またコジキイチゴの特徴の1つに、葉の裏面脈上や茎などの腺毛の多さが挙げられます。 特に茎の赤く長い腺毛は、上の写真のように、逆光で見るとなかなか美しいものです。
 下は茎の腺毛を拡大したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

ゴイシシジミ

Goisisijimi140705_1

 写真はゴイシシジミです。 和名は翅の裏面の模様が黒い碁石を散らかしたように見えるところからでしょう。 ちなみに、翅の表は黒っぽい色をしています。

 上の写真でもゴイシシジミはササの葉にとまっていますが、ゴイシシジミの幼虫はタケノアブラムシやササコナフキツノアブラムシなどのタケやササにつくアブラムシを捕食して育ちます。
 蝶や蛾の幼虫の多くが植物の葉を食べて育つなかで、蛾については何を餌にしているのか不明のものがありますが、少なくとも日本の蝶の中では完全な肉食性の幼虫はゴイシシジミだけです。 また成虫もこれらのアブラムシの出す甘露に依存します。

 上はゴイシシジミを撮った近くで昨年の6月末に撮った、ササの葉の裏にいたタケノアブラムシです。 なお、タケノアブラムシは複雑な生活環を持っていますが、そのことはこちらに書いています。

 上は、少し自信が無いのですが、ササコナフキツノアブラムシだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

タカラダニ

Takaradani1_130425

 上の赤い楕円体状のものが、カメムシの仲間の幼虫に取りついているタカラダニ( ダニ目前気門亜目タカラダニ科 )です(撮影:2013.4.25.)。 この2年間に撮ったタカラダニの写真のいくつかを集めてみました。

 上はカラスハエトリに取りついたタカラダニ、下はその拡大です。 背景がピンクなのはピンク色に塗られた板の上にいるからで、色彩に特殊な技法を用いたわけではありません。(撮影:2013.6.27.)

 よく見ると、タカラダニは突き刺した口吻のみで体を維持し、細い8本の脚は体に沿わせています。


コハナグモに寄生しているタカラダニ 2014.5.16.


イオウイロハシリグモに寄生しているタカラダニ 2014.6.3.


ヤドリバエの一種に寄生しているタカラダニ 2013.6.13.

 虫たちの体液を吸って膨れたタカラダニの体は艶があり、美しく見えます。 タカラダニの名前は、虫たちが美しい宝物( のようなダニ )を持ち歩いているように見えるところからと言われています。
 タカラダニの生活史は謎に包まれています。 写真を撮った月日も書いておきましたが、見かけるのはほとんど4月の終りから6月です。 他の時期はどこでどのように暮らしているのでしょうか。
 何を餌にしているかもよく分かっていません。 このようにいろんな虫に寄生しているところはよく観察されますが、花にもいて、花粉を食べているようです。 人の刺咬被害は、少なくとも日本では報告されていません。
 また、見つかるのはすべてメスで、単為生殖を行っているのではないかと考えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

ネジバナ

Nejibana140623_1

 ネジバナの別名はモジズリ、百人一首にある嵯峨天皇の皇子源融(みなもとのとおる)の

    みちのくのしのぶもじずり誰ゆえに乱れそめにし我ならなくに

は、よく知られています。
 ちなみに、「みちのくのしのぶもじずり」は「乱れ」にかかる序詞ですが、次のような話も伝わっています。
 「しのぶもぢ摺り」は、捩(もじ)れ乱れた模様のある石(文知摺石)に布をあてがい、その上から忍(しのぶ)草などの葉や茎の色素を摺り(すり)付けたものです。
 陸奥出羽按察使を任され陸奥国に出向いた源融は、気立てのやさしい娘と出会い、愛し合うようになりましたが、再会を約束して融は都に帰ります。 残された娘は、融恋しさのあまり、文知摺石を麦草で磨き続けました。 ついには融の面影を鏡のようになった石に映し出すことができましたが、精魂尽き果てた娘は融との再会を果たすことなく亡くなってしまいます。
 この石は「鏡石」として福島県福島市にある文知摺観音の境内に残されていますが、ほんとうのところは源融は「遙任」であり、陸奥国には赴任していないようです。
 文知摺観音は「信夫捩摺(しのぶもじずり)」の発祥の地とも言われています。 ここで言う信夫捩摺は、上記の話よりも後の時代の、模様がもじれて(もつれて)乱れたような絹織物であったようですが、たいへん高価で、江戸時代初期に姿を消してしまったようです。

 閑話休題、話をネジバナに戻します。 たくさんの小さな花が花茎の周りにらせん状にねじれてついているのが和名の由来であることは言うまでもないでしょう。

 ネジバナはラン科の植物です。 1つの花の各部の名称を書き入れてみました(上の写真)。 ラン科の花は個性豊かですが、基本的にはガク片が3枚、花弁が3枚で、そのうちの咲いている状態で下方に位置する花弁(一部例外あり)は他の花弁と異なる形態となり、「唇弁」と呼ばれています。 これまでサギソウコクランオオバのトンボソウコバノトンボソウなど、いくつかのラン科植物の花で、各部の名称を記入していますので、比較してみてください。
 ラン科の花の特徴の1つとして、上記の花の特徴の他にも、メシベとオシベは合体し、「ずい柱」となっていることや、一度の受粉でたくさんの種子を作ることができるように、たくさんの花粉はまとめられて花粉塊となっていて、花粉塊の端には虫にくっつくための粘着部分をもっているものも多いことなどが挙げられます。

 ネジバナでは、1つの花が小さいうえに、ずい柱は花被に隠されていて、肉眼ではなかなか見ることができません。
 上の写真は、右下の花の正面から奥にピントを合わせて撮ったもので、ずい柱の一部が写っています。
 この花に虫が入っていく代わりに、近くにあったイネ科の枯れた茎を差し込んでみると・・・

 みごとに花粉塊がくっついてきました(上の写真)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

ウスイロカザリバのダンス

Usuirokazariba130530_1

 上の写真と下の動画は別の日に撮ったものです。 ウスイロカザリパとカザリバはとてもよく似ていて、手持ちの図鑑にも明瞭な区別点は書かれておらず、見分ける自信は無いのですが、とりあえず上も下もウスイロカザリパとしておきます。

 上は6月23日に撮ったもので、ササの葉の上で踊っている様子です。 BGMはMusMusさんの楽曲を使用しています。
 常識的に考えれば、このようなディスプレーダンスは交尾行動に関係するものなのでしょうが、近くに仲間がいるわけでもなく、踊る目的はよく分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

ジャカランダ

 近頃は日本でも関東地方以南のあちこちでジャカランダが植えられて、美しい花を咲かせています。

Jacaranda140629_3

 ジャカランダは南米の熱帯・亜熱帯地方の原産で約50種が知られています。 写真は長居植物園で撮ったもので、Jacaranda mimosifolia です。
 ジャカランダは、 ホウオウボク(鳳凰木)、カエンボク(火焔木)と共に世界3大花木とされていて、世界の熱帯、亜熱帯の乾燥地帯を中心に栽培されています。 これらの地域では、日本のソメイヨシノ同様、葉が開く前に花が咲き、木全体が青紫色になるのですが、日本では気候の関係で、残念ながら葉が展開してから花が咲きます。

 ジャカランダはノウゼンカズラ科に分類されています。 上は望遠で撮ったので少し手ぶれしていてくっきり写っていませんが、これくらい拡大すると、ノウゼンカズラ科の花であることは理解していただけるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ