« スジチャタテ | トップページ | ルリジガバチ、ヒメハキリバチ、ジガバチモドキの一種 »

2014年6月24日 (火)

アジサイの花

Ajisai140623_1

 「アジサイ」はアジサイの仲間の総称としても使われますが、以下に書く「アジサイ」は、たくさんの花が集まって盛り上がり、上の写真のように手まり状になった狭義のアジサイ(学名は Hydrangea macrophylla f. macrophylla )のことです。 このアジサイは、日本に自生するガクアジサイ(学名は Hydrangea macrophylla f. normalis )から観賞目的で作られたものです。
 ガクアジサイのところ(こちら)で書きましたが、ガクアジサイの花は周辺部に虫に花の存在をアピールする装飾花を配置し、中心部には種子生産を目的とした小さな両性花をたくさん配置しています。 アジサイ(狭義のアジサイ:以下同じ)は、このガクアジサイの装飾花の多いものを選択することを繰り返し、ほとんど装飾花ばかりになった品種です。 なお、上に書いた学名の「 f. 」はラテン語の forma の略で、「品種」を意味します。 つまり、アジサイとガクアジサイは品種の違いであり、同種です。
 上で、アジサイの花は、ほとんど装飾花ばかりの集団だと書きました。 装飾花は、ガクが大きくなった花で、目立ちますが、受粉し種子を作るという生殖器官としての機能は低下しています。

 写真のアジサイの花は、ガクと花弁の色が異なっていて、花のつくりについて理解しやすくなっています。 このアジサイでは、ガクはピンク系で、花弁はブルー系です。 上の写真では、どの花も4枚のガク片は大きくほぼ水平に開いていますが、多くの花の花弁は閉じたままで、花弁が開いてオシベやメシベが現れているのは写真の下に写っている2つの花のみです。(写真はクリックで拡大します。)

 上は花弁の開いている花の中央部を拡大したものです。 花弁は4枚、オシベは8本、1本のメシベの柱頭は3つに分かれています。

|

« スジチャタテ | トップページ | ルリジガバチ、ヒメハキリバチ、ジガバチモドキの一種 »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

アジサイの本当の花がよく理解できてスッキリです。
(いっぱいの花びらのようなモンが装飾花っとは理解してましたが、さて本当の花っとなると、コレかな?ソレかな?っと・・・)

投稿: わんちゃん | 2014年6月25日 (水) 17時10分

確認です。
「花びらのようなモン」は「装飾花のガク片」、
1つの装飾花は、ガク、花弁、オシベ、メシベのそろった1つの花、ただし花弁の開いていない花が多い
ということですね。

投稿: そよかぜ | 2014年6月25日 (水) 23時02分

庭のアジサイをもう一度ジックリと見てみます。

>1つの装飾花は、ガク、花弁、オシベ、メシベのそろった1つの花、ただし花弁の開いていない花が多い

っということを。

投稿: わんちゃん | 2014年6月26日 (木) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/56600148

この記事へのトラックバック一覧です: アジサイの花:

« スジチャタテ | トップページ | ルリジガバチ、ヒメハキリバチ、ジガバチモドキの一種 »