« スミゾメハキリバチ | トップページ | ヤブニンジン »

2014年5月28日 (水)

キアシドクガ

Kiasidokuga140528_1

 今日、用事の帰り道に少し山に入ってみると、白い蛾が飛びまわっていました。 見たところでは、飛び方も大きさも、モンシロチョウとそんなに変わらないのですが、とにかくなかなかとまってくれませんし、近づいてくれもしません。
 とてもたくさんいたのですが、写真ではそのことがなかなかうまく表現できません。 また、飛び回っている場所は、1ヶ所ではなく、あちこちで見られました。

 やっと止まってくれて撮ったのが、1枚目の写真と下です。 これも近づくとすぐに飛び立ってしまいました。

 とにかく、これらの写真から判断すると、前脚が黄色で、翅には模様が無く、どうやらキアシドクガのようです。 触角の様子から、オスが飛び回ってメスを探しているようです。
 キアシドクガとよく似たものに、同じ属のヒメキアシドクガがいるのですが、キアシドクガの幼虫の食餌植物はミズキやクマノミズキなどであるのに対し、ヒメキアシドクガの方はハルニレということです。 今回見たのはいろんな木の周囲を飛び回っていましたが、ハルニレは生えていませんし、1枚目の写真ではクマノミズキにとまっていますので、キアシドクガなのでしょう。
 近くを見ると、かじられたキアシドクガの蛹もありました(下の写真)。 この蛹はキリの葉の裏についていました。 たまたまこの木に移動してきて蛹になったのだと思いますが、クマノミズキからは少し距離がありますし、5枚目のとまっている所もキリですので、もしかしたら何らかの関係があるのかもしれません。

 キアシドクガは、ドクガ科に分類されていますので、このような名前になっていますが、毒は無く、幼虫の長い毛も、皮膚に刺さることはあっても、毒は無いようです。

|

« スミゾメハキリバチ | トップページ | ヤブニンジン »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キアシドクガ:

« スミゾメハキリバチ | トップページ | ヤブニンジン »