« キジの母衣(ほろ)打ち | トップページ | レンプクソウ »

2014年4月12日 (土)

ニッケイトガリキジラミの幼虫

Nikkeitogarikijirami140405_1

 上の写真のような、ヤブニッケイの葉の葉脈の側にできている褐色の虫えい(=虫こぶ=ゴール)、これはニッケイハミャクイボフシという名前が付けられています。 和名はカタカナで書きますが、漢字で書けば「肉桂葉脈疣附子」となります。
 この虫えいはよく見るのですが、ほとんどは虫えいを作った虫が出てしまった後でした。 今回は時期が良く、葉の裏側に、その“住人”を見ることができました(下の写真)。

 正面から撮ったので写真からはよく分かりませんが、凹んでいる底に虫がいます。 この1つを拡大したのが下です。

 これはニッケイトガリキジラミの幼虫です。 下に体の名称を書き加えておきました。

(撮影:2014.4.5. 堺自然ふれあいの森)

|

« キジの母衣(ほろ)打ち | トップページ | レンプクソウ »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニッケイトガリキジラミの幼虫:

« キジの母衣(ほろ)打ち | トップページ | レンプクソウ »