« マスダアラカシタマバチのアラカシ新梢への産卵 | トップページ | オオツクバネウツギ・ツクバネウツギ・コツクバネウツギ »

2014年4月26日 (土)

マルハラコバチ科の一種

Koganekobachi140420_1

 アラカシの若葉の上にいた蜂です。 昨日記事にしたタマバチのすぐ近くにいました。 体長は5mmほどです。 タマバチのようにも見えますが、触角がタマバチの触角とは異なるようです。 コガネコバチ科かと思いましたが・・・

 写真を撮り始めると、すぐに歩きはじめました。 上の写真を見ると、頭部がおもしろい形をしています。 こんな頭部のコガネコバチがいるのでしょうか。

 おちゃたてむしさんにマルハラコバチ科だと教えていただきました(コメント参照)。 日本では Perilampus属の数種しか知られていない科で、私も初めて見る科の蜂でした。 タイトルも変更しました。
 形態的にはコガネコバチ科に似ていますが、鱗翅類やハバチの体内に寄生するヤドリバエや寄生蜂の幼虫に寄生するようです(こちら)。

 腹部には光沢があります。


真正面から

|

« マスダアラカシタマバチのアラカシ新梢への産卵 | トップページ | オオツクバネウツギ・ツクバネウツギ・コツクバネウツギ »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

連続コメントで失礼します。
写真のコバチはマルハラコバチ科だと思います。その科名で検索してみて下さい。

投稿: おちゃたてむし | 2014年4月27日 (日) 20時55分

ありがとうございます!
何連続のコメントでも大大歓迎です!
ハチ目は現在のところ97科に分類されていて、まだ見た事の無い科もたくさんあるのですが、やはりどうしても知っている科に当てはめようとしてしまうのですね。
おかげですっきりしました。

投稿: そよかぜ | 2014年4月28日 (月) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルハラコバチ科の一種:

« マスダアラカシタマバチのアラカシ新梢への産卵 | トップページ | オオツクバネウツギ・ツクバネウツギ・コツクバネウツギ »