« キバネオオヒラオドリバエの交尾 | トップページ | ケブカクロナガハムシ »

2014年4月29日 (火)

タガネソウ

Taganesou140416_1

 タガネソウはカヤツリグサ科スゲ属の植物です。 根茎は地中を這い、春にあちこちから葉を出すのとほぼ同時期に、昨年葉のあった所から花茎を立ち上げます。
 花茎のあちこちに小穂がつきますが、1つの小穂は先端部に雄花を、下部に雌花をつけます。

 上は小穂の先の方を撮ったもので、先端部からは細長い葯を持ったオシベがたくさん出ています。 右下の少しピンクがかっているのは雌花の柱頭です。

 上の写真では、雌花の柱頭が3裂していることが分かります。

 タガネソウは、スゲ属にしては長さのわりに幅の広い葉を持っています。 「タガネソウ」の名は、この葉を、岩石を割ったり金属板を加工したりする鏨(たがね)に見立てたものとされています。

|

« キバネオオヒラオドリバエの交尾 | トップページ | ケブカクロナガハムシ »

草3 単子葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タガネソウ:

« キバネオオヒラオドリバエの交尾 | トップページ | ケブカクロナガハムシ »