« エゾナガウンカ | トップページ | イソフサヤスデ »

2014年3月 6日 (木)

ヨコエビ

 大阪府南部、大阪湾に流入する河口の石を持ち上げると、大小さまざまなヨコエビが跳ねたり走ったり・・・。 瞬間的に散らばってしまい、とても写真に撮れる状態ではなく、しかたなく死んでもらってからの写真です。
 下のヨコエビは体長8mmほどで、写真の場所にいたヨコエビの中では比較的大型でした。 あちこち砂粒がついたままですが・・・。

Yokoebi140224_1

 ヨコエビはヨコエビ目(=端脚目)ヨコエビ亜目(Gammaridea)に属する甲殻類の総称で、「エビ」とついていますが、エビの仲間(十脚目)ではありません。 たくさんの種類がいて、生活している場所も陸上から深海まで様々です。 大きさもさまざまで、私たちがよく見るのは数mmのものですが、深海には20cmを超えるものもいます。

 「ヨコエビ」と言われるのは、扁平な体を倒して(横にして)生活している種類が多いからです。 上の写真で、体の中央付近に2対の長い脚があります。 生きている時にはこの脚は体の左右に持ち上げています。 つまり体を倒して生活している時には、この長い脚は体の下と上に位置します。 土と石の間で体を倒して生活しているなら、長い脚の2本は土に、もう2本は石に接していることになり、この脚を使って動きまわります。
 下は腹側から見た状態での手持ち撮影7枚からの深度合成です。

 下は同じ石の下にいたヨコエビですが、上とは別種でしょう。 大きさも体長6mmと小さく、長い脚の位置も体の後端近くにあります。

|

« エゾナガウンカ | トップページ | イソフサヤスデ »

無脊椎動物(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/55264424

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコエビ:

« エゾナガウンカ | トップページ | イソフサヤスデ »