« ツノブトホタルモドキ | トップページ | ハイイロフユハマキ »

2014年2月24日 (月)

チクシトゲアリの巣

Chikusitogeari140224_1

 高さ1mほどの所で、ヤツデの葉に引っかかっていたヤツデの枯葉をそっとはずしてみると、チクシトゲアリの集団がいました。

 ひっかかっていたヤツデの枯葉をそっと開いてみると、そこにもチクシトゲアリの集団がいました。

 この集団は、単に寄り集まって越冬しているだけではないようです。 チクシトゲアリは樹上性のアリで、巣も樹上に作りますから、ヤツデの枯葉と生葉とを組み合わせた巣を、私が知らずに壊したことになるのでしょう。

 低温のために動きは緩慢ですが、よく見ると幼虫を咥えて移動させようとしているものもいます(上の写真)。
 女王アリもいるはずですが、働きアリが上を覆っているのか、ざっと見たところでは発見できませんでした。 継続観察の楽しみを残しておくために、巣をめちゃくちゃにして女王アリを探すことは控えました。

 顔をアップで撮ってみましたが、この働きアリは左の触角が途中からありません。

(大阪府岸和田市神於町)

※ 6月の動きまわっているチクシトゲアリの様子はこちらに載せています。

|

« ツノブトホタルモドキ | トップページ | ハイイロフユハマキ »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チクシトゲアリの巣:

« ツノブトホタルモドキ | トップページ | ハイイロフユハマキ »