« ノコメトガリキリガ・ウスキトガリキリガ | トップページ | ナミコオロギバチ »

2014年1月 6日 (月)

クビアカヒメテントウ、ハレヤヒメテントウ

 ヒメテントウと呼ばれている甲虫のグループがあります。 体長は1~3mmほどの小さなテントウムシです。 分類学的にはテントウムシ科ヒメテントウ亜科になります。 日本でみつかっているテントウムシ科は180種ほどいるのですが、そのうちの 2/3 ほどがヒメテントウだと言われています。
 今日はそのうちの2種を載せておきますが、小さい虫のことで、書かれてある資料も少なく、同定間違いの可能性のあることはお含みおきください。

【 クビアカヒメテントウ 】

Kubiakahimetentou131225_1

 ケヤキの樹皮の下にいました。 体長は1.8mmでした。

(2013.12.25. 堺市南区豊田)

【 ハレヤヒメテントウ 】

 ヤツデの葉の裏にいました。 体長は1.6mmでした。 ハレヤヒメテントウは、茶畑において、薬の効きにくいクワシロカイガラムシの天敵としての利用もされています。

(2013.10.13. 堺市南区鉢ヶ峯寺)

※ ヒメテントウの一種(コクロヒメテントウ?)の幼虫は、こちらに載せています。

|

« ノコメトガリキリガ・ウスキトガリキリガ | トップページ | ナミコオロギバチ »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/54516159

この記事へのトラックバック一覧です: クビアカヒメテントウ、ハレヤヒメテントウ:

« ノコメトガリキリガ・ウスキトガリキリガ | トップページ | ナミコオロギバチ »