« ヒメコバチ科 Chrysocharis属の一種 | トップページ | ヤツデキジラミ幼虫の食餌 »

2014年1月31日 (金)

カタビロコバチ科の一種

Katabirokobachi140115_1

 写真はヤツデの葉の裏にいたカタビロコバチ科の一種です。 体長は2.5mmほどでした。 このカタビロコバチは腹部第3?節が大きく、以下の節を覆っています。
 上は動きを止めるために冷蔵庫のパーシャルフリージングルームにしばらく入れていたもので、しばらくすると下のように歩きはじめました。

 カタビロコバチ科の蜂は、前にキイロカタビロコバチを載せています(こちら)が、今回の蜂は、翅に黒い紋も無く、明らかに別種です。
 体はほとんど黒一色ですが、頭部や胸部の細かい点刻が美しく、また、上に書いた腹部も気になるので、深度合成してみました。

 それぞれの点刻から毛が生えているようです。

 昨日のヒメコバチ科(Chrysocharis属)のところで、死んだ場合の体の曲がり方が気になることを書きました。 今回のカタビロコバチは、昨日のヒメコバチとは逆の曲がり方をしています。

 上は、このカタビロコバチがいたところの状況です。

|

« ヒメコバチ科 Chrysocharis属の一種 | トップページ | ヤツデキジラミ幼虫の食餌 »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタビロコバチ科の一種:

« ヒメコバチ科 Chrysocharis属の一種 | トップページ | ヤツデキジラミ幼虫の食餌 »