« タマバエ | トップページ | ヌカカ科 ?Forcipomyia bipunctata »

2013年12月23日 (月)

ヌカカ科の一種

Nukaka131220_1

 写真はヤツデにいたヌカカ科の一種でしょう。 ヌカカは「糠(ぬか)の粒のように小さい蚊」の意味で、写真のヌカカの体長は 2.4mmでした。
 ヌカカ科の昆虫は、日本では40種類ほどが知られていて、メスがカと同様に動物の血を吸う種も多くいます。 体色や翅の模様など、形態的にもいろいろですが、写真のヌカカは、そらさんの2012年12月27日のものに近い種または同種だと思います。

 触角の様子などは昨日のタマバエ科などともよく似ていますが、基部の様子が少し異なるように思います。 また翅脈の様子も少し違いますし、複眼の様子はかなり異なるようです。

(2013.12.20. 堺市南区 茶山公園)

|

« タマバエ | トップページ | ヌカカ科 ?Forcipomyia bipunctata »

昆虫06 ハエ・アブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌカカ科の一種:

« タマバエ | トップページ | ヌカカ科 ?Forcipomyia bipunctata »