« ヒラズオオアリの小型働きアリ | トップページ | オジロトウネン »

2013年12月 7日 (土)

クロスジフユエダシャクはいつ交尾するのか

(写真はクリックで拡大します)

 クロスジフユエダシャクはメスの翅が退化した冬尺の一種です。(冬尺についてはこちらに書いています。) 「堺自然ふれあいの森」の一角に、毎年たくさんのクロスジフユエダシャクのオスが飛び回る場所があります。(3年前の様子はこちらに載せています。) この場所の様子を記録しておこうと、シャッター速度を速めて蛾の動きを止めて撮ると、枯葉と区別がつきにくく、写真から蛾を探すのが難しくなります。 上の写真は、あえて飛んでいる蛾がブレて写るようにして撮ったもので、赤い円の所にクロスジフユエダシャクがいます。
 毎年たくさんのクロスジフユエダシャクが飛び回るということは、この付近でたくさんの交尾や産卵が行われているということでしょう。
 クロスジフユエダシャクの交尾は、別の場所で写真に撮っています(こちら)。 しかし、オスとメスの個体数の比率や、交尾に至る過程や時間帯など、私にとっては謎だらけです。
 クロスジフユエダシャクは、昼行性ですが、交尾は夕方から日没後に行われると聞き、午後4時前から5時過ぎまで、観察してみました。 場所は1枚目の写真と同じ所です。
 陽がかげると、飛んでいるオスは少なくなり、休憩モードのオスが増えてきました。 私が歩くと足元から次々と飛び立ちますが、積極的にメスを探している個体は少ないようです。
 そんな中で、あるオスが、高さ数センチのササの一点にこだわって、タッチアンドゴーを繰り返していました。 すると、その一点から何かがポトリ、近寄ってみると、メスでした(下の写真)。

 たぶん、フェロモンでササの上部のメスの存在を知ったオスが交尾しようとしたものの、うまくいかず、その振動でメスが落ちてしまったのではないかと思います。
 他にもササに上っているメスがいるのではないか、もしかしたら、もう既に交尾しているものもいるのではないかと、探してみましたが、他にメスは見つけられませんでした。 そのうちに次々と、飛んでいたオスが地上の枯葉や低いササなどに止まり、すぐに動かなくなっていきました。 眠りに入ったような現象です。 動かなくなった証拠に、とまっていた枯葉ごと持ち上げ、近接撮影でフラッシュの光を当てたのが下の写真です。(瞼が無いので、こちらをにらんでいるようにも見えますが・・・。) こんなことをしても全く動きません。 複数のオスで確かめましたが、みんな同じ状況でした。

 動きが止まってしまったので仕方なく帰宅したのですが、こうなると交尾の中心は夕方から日没後だというのも怪しくなります。 また、少なくともこの時期のこの場所では、メスの個体数は、オスに比較して、かなり少ないように思います。

(1枚目:2013.12.3. 2枚目と3枚目:2013.12.5.)

|

« ヒラズオオアリの小型働きアリ | トップページ | オジロトウネン »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロスジフユエダシャクはいつ交尾するのか:

« ヒラズオオアリの小型働きアリ | トップページ | オジロトウネン »