« トゲトビムシ科の一種 | トップページ | ワタムシとクモの網 »

2013年11月15日 (金)

ワタヘリクロノメイガ

Wataherikuro131114_1

 漢字で書くと「綿縁黒野螟蛾」つまり「幼虫が綿の葉を食べる縁(へり)が黒いノメイガ亜科の蛾」です。 幼虫の食餌植物はワタなどのアオイ科以外にも、クワ科やウリ科の葉も食害し、農業関係者の間ではウリノメイガと呼ばれることもあります。

 ワタヘリクロノメイガは、尾端に毛塊があることでよく知られています。 この毛塊は閉じたり開いたりできるようで、カメラを近づけると、尾端を持ち上げて毛塊を広げてくれました。
 この毛塊は雌雄で色が異なるようです。 写真はメスで、オスは黒い毛が混じります。 上の写真で中央部が黒く見えますが、これは影だと思います。
 この黒い毛はヘアーペンシルだそうです。 ヘアーペンシルからはフェロモンが出されるのでしょうが、一般に多くの蛾はメスが性ホルモンを出してオスを呼びますから、このヘアーペンシルからのフェロモンはどんな働きをするのでしょうね。

 上は毛塊の一部を拡大したものですが、この毛は細長く伸びた鱗片のようにも見えます。

|

« トゲトビムシ科の一種 | トップページ | ワタムシとクモの網 »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワタヘリクロノメイガ:

« トゲトビムシ科の一種 | トップページ | ワタムシとクモの網 »