« ワタヘリクロノメイガ | トップページ | ヤノイスアブラムシ »

2013年11月16日 (土)

ワタムシとクモの網

 少し古い話題になりますが、11月3日、堺自然ふれあいの森でワタムシが大量に発生していました。

Watamusi131103_1

 上の写真は、そのワタムシがジョロウグモの網にかかっている様子です。 網がちゃんと写っていませんが、ジョロウグモは網の中央にいます。 ジョロウグモの周囲に何も無いのは、餌が網にかかり、網が破れているからです。 網の残っている所には、たくさんのワタムシが引っかかっています。
 ワタムシが小さすぎて餌に値しないのか、ワタムシが多すぎて手が付けられないのか、ジョロウグモは、ワタムシには全く反応していませんでした。 網がワタムシのせいで目立ってしまい、ジョロウグモには迷惑な話なんでしょうね。

 上はたくさんのワタムシが網に捉えられている所を拡大したものです。 この写真では、獲物を捕えるための粘球は横糸にしかついていないことも分かります(写真はクリックして拡大してご覧ください)。

 クモには迷惑でしょうが、ワタムシの観察には便利です。 下は網にかかっているワタムシを拡大したものです。

 前にも書きましたが、ワタムシとは綿くずのように空中に浮かぶアブラムシ類の俗称で、特定の種につけられた名称ではありません。 写真のワタムシは、以前載せたワタムシ(こちらこちら)とは別種のようです。

|

« ワタヘリクロノメイガ | トップページ | ヤノイスアブラムシ »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワタムシとクモの網:

« ワタヘリクロノメイガ | トップページ | ヤノイスアブラムシ »