« アオアツバ | トップページ | ホシムクドリ@淀川河川敷 »

2013年11月27日 (水)

エノキ裏うどんこ病菌の子嚢殻

Enokiuraudonko131120

 上の写真はエノキの葉の裏で、たくさんの白く細い糸状のものと、黄、赤、黒などの色の粒が見えます。 1つの粒の直径は、0.2mm~0.3mmほどです。 白く細い糸状のものはうどんこ病菌の菌糸で、粒はうどんこ病菌の子嚢殻(しのうかく)、もっと細かく言うと閉子嚢殻です。
 うどんこ病というのは、葉の表面がうどん粉をまぶしたように白くなる病気です。 下はアラカシのうどんこ病です。 うどんこ病にかかると、表面を覆われるので光合成能力は低下するようですが、うどんこ病菌が葉を枯らすことは無く、このような菌は絶対寄生菌と呼ばれています。

 みかけは、いろんな植物の葉の表面が白くなるという共通点を持つうどんこ病ですが、この原因となっているうどんこ病菌は1種類ではありません。 植物の種類ごとに異なる種類のうどんこ病菌が存在すると言ってもいいくらい、多種のうどんこ病菌があります。 エノキでは、葉の表側の表面と葉の裏側の表面につくうどんこ病菌が異なります。

 最初の写真に話を戻します。 エノキ裏うどんこ病菌の子嚢殻は黄色から赤っぽくなり、最後は黒くなります。 完成した黒い子嚢殻の頭部には、環状の白い糸状のものがあり、付属糸と呼ばれています。
 完成した子嚢殻は、このまま飛散します。 子嚢殻の中には子嚢があり、子嚢では子嚢胞子が作られます。 ですからうどんこ病菌は、子嚢菌類に分類されています。
 冬を越した子嚢殻から春に放出された子嚢胞子は新しいエノキの葉に感染し、菌糸を伸ばしながら、分生子を飛ばして増えていきます。 子嚢殻をつくるのは秋だけです。

|

« アオアツバ | トップページ | ホシムクドリ@淀川河川敷 »

菌類・変形菌等」カテゴリの記事

コメント

「ちば千年の森をつくる会」はツチアケビの生態調査のため千葉県豊英島でモニタリングを続けています。衰退の原因の一つに病原菌の影響がありそうです。具体的には上記ホームページの「豊英島のツチアケビ」に記載。

投稿: 真鍋昌義 | 2015年12月14日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エノキ裏うどんこ病菌の子嚢殻:

« アオアツバ | トップページ | ホシムクドリ@淀川河川敷 »