« テントウノミハムシ | トップページ | チャイロクチブトカメムシ »

2013年11月21日 (木)

ムラサキトガリバ

Murasakitogariba131030_1

 ムラサキトガリバは、成虫が10月~11月に出現します。 前翅の中央付近にある黒い線状の斑の所は毛が立っています。

 幼虫の食餌植物は、アラカシ、コナラ、ミズナラなどのブナ科植物です。

 1枚目の写真では、馬のブリンカー(遮眼革)のように、頭部に近い胸部の毛が立っていますが、上の写真では、この毛を寝かせています。 こうなると、同じ属のニッコウトガリバによく似てきます。 翅もニッコウトガリバ同様、1枚目の写真のように円筒形にしたり、上の写真のように平たくしたりします。
 さらにややこしいのは、色彩の変異が多いことです。

Murasakitogariba131108_1

 1枚目~3枚目の写真では、翅の中央部が暗色ですが、上の写真(ピンボケですが・・・)では翅の中央部が明色になっています。 また、下では色が全体に均一ですが、いずれもムラサキトガリバでしょう。

 ところで、名前の「ムラサキ」はどの色を意味しているんでしょうね。

 ムラサキトガリバとニッコウトガリバの違いについては、「みんな蛾」のこちらのページがよく分かります。

(Data)写真の撮影日と撮影場所
 1枚目と2枚目 : 2013.10.30. 堺市南区豊田
 3枚目 : 2012.11.10. 枚岡公園
 4枚目 : 2013.11.08. 堺市南区槇塚台
 5枚目 : 2013.11.20. 堺市南区豊田

|

« テントウノミハムシ | トップページ | チャイロクチブトカメムシ »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキトガリバ:

« テントウノミハムシ | トップページ | チャイロクチブトカメムシ »