« イボバッタ | トップページ | キマダラカメムシ »

2013年10月14日 (月)

オオキトンボ

Ookitonbo131014_1

 オオキトンボは、2012年の環境省レッドリストでは絶滅危惧IB類に指定されています。 大阪府下でも記録は府下全体にあるのですが、最近の生息情報は府の南部からのみのようです。
 ようやく秋らしくなって重い望遠レンズもあまり苦にならなくなった今日、オオキトンボの様子を見に行ってきました。 9時半頃から10時半頃まで見ていましたが、長距離の移動もできる飛翔力のあるトンボのはずですが、思ったよりも動きは少なく、飛んでもすぐ近くにとまりました。 数頭見かけましたので、かなりいるようです。

Ookitonbo131014_5

 オオキトンボはアカネ属のトンボ(いわゆる赤トンボ)です。 アカネ属の特徴の1つとして、前胸部の背面に長毛が見られます(上の写真)。

 ※ 以下の写真はクリックで拡大します。 「オリジナルの表示」では、1,024×768 の大きさになります。

 下は逆光ぎみに翅の美しさを狙った写真ですが、もうひとつ、雌雄についても書いておきます。 オオキトンボは雌雄の差の少ないトンボですが、上4枚の写真はメスで、下はオスだと思います。 トンボの腹部は、卵が入っている分メスの方が太いのが一般的です。 また交尾時にオスは尾の先でメスの後頭部をつかみ( このつかむための付属器はきちんと撮っていませんでした (-_-; )、メスは腹部を曲げてオスの腹部第2・3節にくっつけて精子をもらいます。 このための器官として、オスの腹部第2・3節には「副性器」という飛び出た部分があります。 メスには副性器がありませんから、その部分は平らです。
 上下の写真を比較してみると、メスの腹部下面には白っぽい部分があるようですね。

 オオキトンボは岸辺が湿地状に広がり、抽水植物の多い開放的な比較的大きな池沼で見られています。 写真のオオキトンボのいた池は平地の皿池で、まさにこのような環境にありました。
 上で赤トンボの一種と書きましたが、オオキトンボはそんなに赤くはならず、これから成熟が進むと、暗い褐色がかった色になっていくようです。
 キトンボと似ていますが、オオキトンボの翅は全体が橙黄色であるのに対し、キトンボでは翅の基部に近い部分の色が濃くなっています。 また、成熟が進むとキトンボの方が明るい赤に近い色になっていきます。

|

« イボバッタ | トップページ | キマダラカメムシ »

昆虫02 トンボ」カテゴリの記事

コメント

昨日はお世話になりありがとうございました。コンデジで写していたほうの者です。
ご紹介いただいたアドレスから訪問しました。守備範囲が広いですね。まだ全体を見ていませんが参考にさせていただくことが多々あります。そしてお城の絵があるということはもしかしたらお城でお会いしているかも知れません。今後も訪問させていただきます。宜しくお願いいたします。

投稿: 甘辛686 | 2013年10月15日 (火) 20時54分

守備範囲を広げすぎて、みんな中途半端になっています。
お城も時々行ってますので、お会いしているかもしれませんね。写真もいろいろ撮っているのですが、原則1種ずつ載せていますので、どうしても“初登場”のもの(最近では虫が多い)が優先ということになってしまっています。

投稿: そよかぜ | 2013年10月15日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオキトンボ:

« イボバッタ | トップページ | キマダラカメムシ »