« キヅタ | トップページ | ガマズミの葉を食べるサンゴジュハムシ »

2013年10月24日 (木)

スッポンタケ②

 スッポンタケは、寿命の短いキノコで、美しい姿の状態には、なかなか会えません。 今回、たくさんのスッポンタケの生えている所があり、いい状態の写真が撮れましたので、前にもいちど載せていますが、再登場です。 スッポンタケに関する基礎的なことは、前の記事(こちら)に書いていますので、今回は省略します。

 まずは発見の経緯から・・・
 薄暗い林の中を歩いていると、足元からベッコウバエが飛び立ちました。 飛び立った場所を見ると、スッポンタケがありました。
 スッポンタケは、においでハエの仲間などを呼び寄せ、胞子を運んでもらいます。 このベッコウバエは、スッポンタケに惹かれるのですが、私がいるので近づくこともできず、30分ほどの間、ずっと近くにいました。

Suppontake131021_1

 上の写真、右下にスッポンタケがあります。 そしてその奥、写真の上部中央の木の切り口にベッコウバエがとまっています。

 上がそのベッコウバエです。

 よく見ると、スッポンタケはあちこちにありました。 上の写真には1枚目とは異なるスッポンタケが2本写っています。
( 上の写真は 1,024×1,024 です。 大きなディスプレイがありましたら、拡大してご覧ください。)

 スッポンタケの「卵」もたくさんありました。 上の写真では、下中央と左端に「卵」が、右上に伸びたスッポンタケが写っています。 下中央の「卵」は、少し割れかけています。

 たくさんの「卵」があったので、断面を作ってみました。(上の写真:解説はこちらを見てください。)

 静かにしていると、ハエの仲間も来はじめました。 最初に載せたベッコウバエは私が立ち去るのを待っているようでしたが・・・。
 上の写真は横に木があって回り込めず、この角度からしか写真を撮れず、ハエの種類は分かりません。

|

« キヅタ | トップページ | ガマズミの葉を食べるサンゴジュハムシ »

菌類・変形菌等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スッポンタケ②:

« キヅタ | トップページ | ガマズミの葉を食べるサンゴジュハムシ »