« クロウリハムシのトレンチ行動 | トップページ | イヌタデで産卵するヒメバチ »

2013年10月 7日 (月)

ツツドリ

 夏鳥が去り、冬鳥が来る・・・今年の鳥の渡りの時期も後半になってきました。 都市公園でもさまざまな鳥が観察されています。
 堺市の大泉緑地にもツツドリが来ていると聞き、見に行ってきました。

Tsutsudori131007_1

 ツツドリの声は、山に行くとよく聞こえてきます。 ツツドリの声は、竹筒などを吹いた時の“ボーボー”という音によく似ています。 名前もこのことに由来しているのでしょう。 しかし山での姿は、なかなか見ることができません。
 ホトトギス科の鳥、特にカッコウ、ツツドリ、ホトトギスは互いによく似た色彩です。 外見のよく似た鳥は、ムシクイ類などもそうですが、全く違ったさえずりをします。 鳥の間でも見誤りを避けようとしているのでしょうか。 しかし子育てを終えたこの時期の鳥はほとんど鳴きませんから、識別は形態に頼らざるをえません。
 ホトトギスは少し小さく、腹の横縞はカッコウは細くたくさんで、ツツドリとホトトギスの横縞は太く荒いものです。

|

« クロウリハムシのトレンチ行動 | トップページ | イヌタデで産卵するヒメバチ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/53524415

この記事へのトラックバック一覧です: ツツドリ:

« クロウリハムシのトレンチ行動 | トップページ | イヌタデで産卵するヒメバチ »