« スッポンタケ② | トップページ | ノビタキ »

2013年10月25日 (金)

ガマズミの葉を食べるサンゴジュハムシ

Sangojuhamusi131021_1

 写真はガマズミの葉を食べていたサンゴジュハムシです。

 サンゴジュハムシは、年1回の発生で、成虫は夏から秋に見られます。

 上はサンゴジュにいたサンゴジュハムシの幼虫です。 今年の4月下旬の撮影です。 幼虫は5月中旬あたりから土に潜って蛹になります。

 ところで、サンゴジュにつくサンゴジュハムシの成虫が、なぜガマズミの葉を食べていたのでしょうか。 ガマズミとサンゴジュは、じつは同じレンプクソウ科( 以前はスイカズラ科 )であるどころか、同じ属( Viburnum )です。
 ガマズミは落葉樹で葉の裏などに毛が多く、葉は幅広く、果実も上向きにつくのに対し、サンゴジュは常緑樹で艶のある葉、果実は垂れ下がるなど、ガマズミとサンゴジュは人の目にはかなり印象の異なる木です。 しかしサンゴジュハムシは、このガマズミとサンゴジュがかなり近縁関係にあることを、私たちに教えてくれています。

|

« スッポンタケ② | トップページ | ノビタキ »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガマズミの葉を食べるサンゴジュハムシ:

« スッポンタケ② | トップページ | ノビタキ »