« オオクモヘリカメムシの終齢幼虫など | トップページ | キイロスズメバチに対するニホンミツバチの威嚇行動 »

2013年9月25日 (水)

カラカサタケ

Karakasatake130919_1

 スマートな大きなキノコです。 つばはリング状で厚く、柄に付着していないので上下に動かせます。
 生食は消化器系の中毒を起こしますが、カラカサタケは従来から火を通して食用とされてきました。 ただし、ドクカラカサタケなど、似た毒キノコもありますので、食用にするには注意が必要です。

 傘の形をしたキノコが多い中で、このキノコにカラ「カサ」という名前がつけられたのは、大きくて目立ち、柄が細いからでしょうか。 しかし、ほとんど洋傘ばかりになってしまった今日、若い人の中には唐笠(からかさ)といってもわからない人もいるのでしょうね。

|

« オオクモヘリカメムシの終齢幼虫など | トップページ | キイロスズメバチに対するニホンミツバチの威嚇行動 »

菌類・変形菌等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラカサタケ:

« オオクモヘリカメムシの終齢幼虫など | トップページ | キイロスズメバチに対するニホンミツバチの威嚇行動 »