« ナカトビフトメイガ | トップページ | アオスジクモバチ »

2013年9月12日 (木)

ホソヘリカメムシの幼虫とデーニッツハエトリ

 ホソヘリカメムシの幼虫が、アリに交じって、たくさん歩き回っていました(堺自然ふれあいの森)。 まるで、触角が長くてスマートなでアリです。 行ったり来たりしていましたから、獲物を探しているのでしょう。

Hosoheri130911_1

 上の写真は、中央がホソヘリカメムシの幼虫で、左右はテラニシシリアゲアリです。 脚が長い分、ホソヘリカメムシの幼虫の方が少し歩くのが速いのですが、体長との比からすると、アリだと思っても、全く不自然さはありません。

 上はホソヘリカメムシの幼虫が立ち止まったところを撮ったものです。

 いちどホソヘリカメムシの幼虫が獲物に口吻を刺す瞬間を見たいものと、歩き回る幼虫に付き合ってみました。 ヒメアリとすれ違った時(上の写真)は、これくらいの大きさなら獲物として適当なのではないかと、一瞬期待しましたが、スピードも落とさず、通り過ぎていきました。 もっと肉付きのいい獲物を狙っているのでしょうか。

 このホソヘリカメムシが、デーニッツハエトリに捉えられていました。

 デーニッツハエトリは山野に普通のハエトリグモで、その名前はクモ研究者の Doenitz氏の名前から来ているのでしょう。

 捕食者となるか被食者となるかは紙一重なんですね・・・。

※ 上の写真より齢の進んだ大きなホソヘリカメムシの幼虫は、こちらに載せています。

|

« ナカトビフトメイガ | トップページ | アオスジクモバチ »

クモ」カテゴリの記事

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホソヘリカメムシの幼虫とデーニッツハエトリ:

« ナカトビフトメイガ | トップページ | アオスジクモバチ »