« 「ハスの葉の上で水が沸騰!?」を改良しました | トップページ | ヒメドコロ »

2013年8月14日 (水)

ヒロオビジョウカイモドキ

Hiroobijoukaimodoki130814_1

 上はヒロオビジョウカイモドキのオスです。 近くで羽化したばかりだったのでしょうか、オスもメスもたくさんいました。

 ヒロオビジョウカイモドキは、体長が3mm前後の小さな虫ですが、赤みがかった広い帯が目立ち、存在していればすぐに分かります。 しかしこの虫のおもしろさは、拡大して見てはじめてわかるオスの触角の様子でしょう(上の写真)。
 触角の基部近くの2節が、膨らんでいるだけではなく、窪みや突起もあります。

 上はメスです。 メスの触角は、基部近くの節に少し膨らみが見られるものの、オスの触角ほどには異形ではありません。
 オスとメスで形態的に異なるケースの多くは、交尾か産卵に関するものでしょう。 オスの触角はどのような機能を担っているのでしょうか。
 おちゃたてむしさんのところでは、雌雄が触角をこすり合わせる求愛行動らしきものが載せられています(こちら)。 この時、オスの触角は折りたたまれ、窪みがメスの方に向き、何か物質のやり取りをしているようにも見えます。

 ところで、上の写真のメスは、葉をかじっているようにも見えます。 ジョウカイモドキ科の昆虫は、ジョウカイボン科に似ているところからの名前でしょうが、分類学的には離れています。 似ている点といえばどちらも肉食で、花や葉の近くをうろうろしながら獲物を待ち構えるといった生態的な類似点でしょう。 しかしジョウカイモドキ科の昆虫は、幼虫はたしかに肉食なのですが、成虫では植物を食べるケースもあるようです。
 上の写真のメスは、葉の表面で小さな虫を食べていたのでしょうか、それとも葉をかじろうとしていたのでしょうか。

|

« 「ハスの葉の上で水が沸騰!?」を改良しました | トップページ | ヒメドコロ »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒロオビジョウカイモドキ:

« 「ハスの葉の上で水が沸騰!?」を改良しました | トップページ | ヒメドコロ »