« 住宅地でモズが子育て | トップページ | ミツバ・ウマノミツバ »

2013年7月19日 (金)

モズのはやにえ?

Hayanie130718_1

 昨日モズの子育てについて書きましたが、巣から3mほど離れた所に上のようなものがあるのに気付きました。 アブラゼミの腹部が枝に刺さっています。
 このようなものは秋によく見られ、「モズのはやにえ(早贄)」と言われていて、「鵙(もず)の贄(にえ)」は秋の季語となっています。 ちなみにはやにえ(早贄)とは、モズが秋の早々の獲物を生け贄として神に奉げたものだろうという言い伝えからのようです。
 実際のところは、はやにえが何のために行われるのかはよくわかっていないようです。 モズは鋭い嘴や爪を持っていて“小さな猛禽”とも言われますが、そんなに逞しい脚を持っていないので、獲物を何かに突き刺して嘴で引っ張って肉を引き裂くのだとも、モズは獲物を見つけると本能的に捕える習性があり、満腹なら獲物を何かに突き刺したまま食べずに去ってしまうのだとも、はやにえは食事中に危険を感じて飛び去った後だとも、秋の獲物の多い時に冬用の餌を準備しているのだとも言われています。
 しかし今回の写真のものは、その位置からして、親鳥が幼鳥のためにアブラゼミの肉を引き裂いた跡だと思います。 タイトルに「?」をつけたのは、上に書いたように「はやにえ」は秋のもので、こんな時期にこの言葉を使っていいのかと思ったからです。

 このアブラゼミはまだ新鮮で肉も残っていたようです。 スズメバチ(コガタスズメバチ?)が来て肉団子を作っていました。

|

« 住宅地でモズが子育て | トップページ | ミツバ・ウマノミツバ »

野鳥2 陸の鳥」カテゴリの記事

コメント

購入当時のものは全てあります ポーランド王位継承権を持つポニャトフスキはナポレオン戦争にフランス軍の将軍として参加、1807年にポーランドはワルシャワ公国として再び独立した。
ベル&ロスがヴィンテージコレクションに新たに追加したブルーの文字盤とストラップが特徴的な「ヴィンテージ BR 123 エアロナバル」のカーフストラップ仕様をレビュー。
男にとってアクセサリーで嗜好品、そして絶対的な”拘りのカタチ”でもあります。
基本はシンプルなステンレスモデルのためオンオフ問わない使用が可能ですが、インデックスや独特の針にはベル&ロスのデザインアイデンティティがふんだんに詰まっており、時計愛好家もベル&ロスファンも納得のシリーズではないでしょうか。
ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、ポーランド語: Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。
ソ連主導のルブリン政権が新たなポーランド国家となった。
マグナートの領地は、各領主がロシア皇帝に臣従を誓うことを条件に守られた。
この間、ポーランドの人々は数々の蜂起や社会発展運動(「有機的労働運動」や「ポーランド実証主義運動」と呼ばれる一連の運動)など様々な方法で独立運動を行ってきた。
14世紀にはヨーロッパ大陸での反ユダヤ主義から、ポーランド国内法の宗教的・民族的寛容さから多数移住してきた。
一般的な日本人の腕にはBR03の方が、収まりがいいとも言われています。
41mmと、日本人も使いやすいサイズ感です。
このシリーズはベル&ロスの腕時計の最上位機種に属します。
有名時計ブランドで創業100年未満の時計ブランドの方が、少ないほどです。
ベル&ロスは1992年の創業、そしてジンから完全独立したのは2002年の事、つまり創業から30年ほどしかたっていない、時計業界では駆け出しのブランドです。
時計業界は100年以上続く老舗ブランドが犇めく業界です。
スタイリッシュなラグや6時位置に絶妙に配されたスモールセコンドなど、創業者兼デザイナーであるブルーノ・ベラミッシュ氏の実力が遺憾なく発揮されているのではないでしょうか。
ケースにはチタンを採用したモデルで、価格は200万円以上とかなりの金額です。
BR02はBR01シリーズとは異なるルックスのトノー型(樽型)を採用。

スーパーコピー時計 https://www.cocoejp1.com/ProductList1.aspx?TypeId=935590834208924

投稿: スーパーコピー時計 | 2020年6月 1日 (月) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モズのはやにえ?:

« 住宅地でモズが子育て | トップページ | ミツバ・ウマノミツバ »