« フナムシ、アラレタマキビ | トップページ | ヤマトウバナ »

2013年6月28日 (金)

クロオオアリ

Kuroooari130616_1

 友ヶ島にいたクロオオアリです。 クロオオアリは普通種のアリで、特に友ヶ島がどうということは無いのですが、ここに載せることになったのは、次のような理由からです。

 上は三角おにぎりを入れていたケースです。 昼食時、広場の縁の木陰でおにぎりを食べていて、ふと見るとケースの中にクロオオアリがいっぱい。 クロオオアリは、このような開けた場所によく巣を作ります。
 食事中のクロオオアリは動き回りませんし、おにぎりケースの色は背景としてもいいので、たくさんの写真を撮ることになったというわけです。

 クロオオアリは、同じオオアリ属のムネアカオオアリと共に、日本に分布する蟻の中では最大級です。 働きアリは、7~9mmのものと、頭部の大きい10~12mmのものの2種類います(最初の写真)。

 形態的な特徴としては、 触角と脚は比較的長く、全身は細かい毛のため光沢が無く、腹部には少し長い褐色の毛が生えています。 側方から見ると、胸部の背縁は緩やかな弧を描き、二山に見えることはありません。

※ 友ヶ島シリーズは今回で終わりにします。

|

« フナムシ、アラレタマキビ | トップページ | ヤマトウバナ »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロオオアリ:

« フナムシ、アラレタマキビ | トップページ | ヤマトウバナ »