« アメバチ(Ophion)の一種 | トップページ | キコシホソハバチ »

2013年5月 2日 (木)

ヒメブタナ

Himebutana130428_1

 全体がブタナによく似て、小さな花が咲いていました。 ブタナにしては花の時期が早すぎるし、と思って調べてみると、ヒメブタナでした。

 ヒメブタナはヨーロッパからアフリカ北部にかけての地中海沿岸の原産で、1970年の三重県が最初の記録のようです。
 花は春のみで、葉は根生葉のみです。 ブタナに比較すると全体に毛が少なく、毛は葉の下面と縁に見られる(下の写真)程度です。

 ブタナとは同じ属(Hypochaeris)で、アイノコブタナと呼ばれる雑種をつくるようです。

|

« アメバチ(Ophion)の一種 | トップページ | キコシホソハバチ »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメブタナ:

« アメバチ(Ophion)の一種 | トップページ | キコシホソハバチ »