« アヤメ・ヒオウギアヤメ | トップページ | マオウ »

2013年5月29日 (水)

カシワノミゾウムシの蛹

 このブログで前にカシワノミゾウムシの成虫を載せ、そこで、カシワノミゾウムシの幼虫は葉に潜って葉肉組織を食べて育つ( 潜葉性 )と書きました。 後日成虫のいたクヌギとコナラが混じって生えている場所に行くと、先端付近の葉肉が食べられた葉をたくさんつけているコナラがありました(下の写真)。

 葉を陽の光に透かしてみると、円い部屋が作られていて、その中に蛹らしきものが見えました(下の写真)。

 葉を破って取り出した蛹が下の写真です。 1枚目が背側、2枚目が腹側です。

 この蛹がカシワノミゾウムシの蛹であることを確かめたわけではありませんが、成虫がたくさんいた場所と同じ場所ですので、間違い無いと思います。

 写真を撮っていると、アリ(オオシワアリ?)が寄ってきて蛹を運ぼうとしだしました(上の写真)。 動けない蛹はアリの格好の餌となり、そうならないように、葉の中に蛹の部屋を作るのでしょうね。

 蛹になる前の、カシワノミゾウムシの幼虫の様子は、おちゃたてむしさんのブログに載せられています。 私も蛹を撮ったのとは別の場所で、コナラの葉に潜むノミゾウムシの幼虫と思われるものを撮っています(上の写真)が、ここではカシワノミゾウムシの成虫を確認できていませんので、その幼虫かどうかは自信がありません。

 ノミゾウムシの幼虫が葉肉を食べる葉は、クヌギやコナラなどのコナラ属に限ったことではありません。 下はケヤキの葉のリーフマイナー(leafminer)です。 アカアシノミゾウムシの幼虫かもしれません。

※ 下2枚の写真は葉の一部を破って撮っています。

|

« アヤメ・ヒオウギアヤメ | トップページ | マオウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カシワノミゾウムシの蛹:

« アヤメ・ヒオウギアヤメ | トップページ | マオウ »