« ハバチ3種 | トップページ | ウメマツオオアリとツノゼミの幼虫(改題) »

2013年4月16日 (火)

エイザンスミレ?

 スミレの仲間の同定はとても難しいのですが、葉に深い切れ込みのあるスミレは、エイザンスミレ、ヒゴスミレ、ナンザンスミレくらいで、しかもナンザンスミレの自生地は対馬に限られています。
 ところが、残るエイザンスミレとヒゴスミレの見分け方が、私には難しい・・・。 花の色も葉の形にも変異があります。
 エイザンスミレの特徴としては、花の色は淡紅紫色が多く花弁の縁は波打ち、葉は3裂し、それぞれの裂片が裂けます。 ヒゴスミレは花の色は白色が多く、葉は多くの場合、厳密には3裂ですが、側列片が付け根に近いところから分かれるので、5裂しているように見えます。
 さて、写真のスミレはどちらでしょう?(例によって無責任なブログです (-_-; ) いちおう直感的な雰囲気でエイザンスミレとしましたが・・・。

Sumire130412_3

 なお、「エイザン」の名は京都府と滋賀県の境にある「比叡山」に、「ヒゴ」は「肥後」つまり熊本県に由来しますが、どちらも本州~九州に分布します。

|

« ハバチ3種 | トップページ | ウメマツオオアリとツノゼミの幼虫(改題) »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エイザンスミレ?:

« ハバチ3種 | トップページ | ウメマツオオアリとツノゼミの幼虫(改題) »