« チャオビフユエダシャク | トップページ | ヒラタアブの仲間の幼虫と卵(抜け殻) »

2013年3月19日 (火)

ヒサゴクチカクシゾウムシ

Zoumusi130303_1

 ヒサゴクチカクシゾウムシの名前はおちゃたてむしさんに教えていただきました(コメント参照)。 おちゃたてむしさんのブログには交尾中のヒサゴクチカクシゾウムシが載せられています。 体長は 3.5mmほどです。 樹皮の下の窪みにいました。 擬死でポロリと落ちてしまうので、撮影は持ち帰って家で行いました。

 下は擬死から回復し、起き上がろうとしているところです。 腹面も硬い鎧で防御しているようです。

 擬死などの場合は、複眼もちゃんと隠せるようです。 下の写真では複眼の大部分が隠れています。 1枚目の写真と比較してみてください。
 同じクチカクシゾウムシの仲間のボウサンゾウムシでも、同じように複眼が隠される様子が、おちゃたてむしさんのところに載せられています。

|

« チャオビフユエダシャク | トップページ | ヒラタアブの仲間の幼虫と卵(抜け殻) »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ヒサゴクチカクシゾウムシだと思います。
2月に樹皮下で越冬中のボウサンゾウムシを見つけたんですが、やっぱり複眼も隠れるような構造になっていました。アイマスク無しで昼寝が出来るように、ですかね。

投稿: おちゃたてむし | 2013年3月20日 (水) 20時10分

ありがとうございます。
眼も口も隠すなんて慎み深いんですね。

投稿: そよかぜ | 2013年3月20日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒサゴクチカクシゾウムシ:

« チャオビフユエダシャク | トップページ | ヒラタアブの仲間の幼虫と卵(抜け殻) »