« ウズタカダニ科の一種 | トップページ | マユミトガリバ »

2013年3月26日 (火)

ヤブサンザシの雌花

 ヤブサンザシはスグリ科の落葉低木ですが、早くも葉を広げ、花を咲かせていました(2013.3.23.大阪市立長居植物園)。

 雌雄異株で写真は雌花ですが、雄花も雌花との違いはわずかで、写真の花よりオシベが大きくメシベが少し小さいくらいです。 花弁のように見えているのはガクで、ガク裂片の間にある小さなへら状のものが花弁です。
 下は柱頭を拡大してみたものです。 柱頭は2裂して皿状で、中央には小さな穴が開いています。

 小さい果実は秋に赤く熟します。 ヤブサンザシの名前は、この果実が中国原産のサンザシ(パラ科)の果実に似ていて、明るい林に自生しているところからです。

|

« ウズタカダニ科の一種 | トップページ | マユミトガリバ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/50966766

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブサンザシの雌花:

« ウズタカダニ科の一種 | トップページ | マユミトガリバ »