« ユアサハナゾウムシの越冬姿 | トップページ | マネキグモ »

2013年2月20日 (水)

アリガタバチ科の一種

Arigatabachi130211_1

 写真は、平たく細い体や、大あごが前を向いているなどの人相ならぬ虫相などから、アリガタバチ科の一種だと思います。 ケヤキの樹皮の下にいました。 体長は8.5mmで、アリガタバチとしては大型です。
 アリガタバチ科の多くは小さくて、アリとよく間違えられます。 例えば、身近なところで見られるシバンムシアリガタバチは、体長は2mmほどです。 しかし、大きなものもいるようで、例えば「蜂が好き」のこちらには体長12mmのアリガタバチが載せられています。

 アリガタバチは有剣類のセイボウ上科に分類されている蜂です。 平たく細い体で隙間にもぐり込み、主に蛾や甲虫の幼虫に卵を産み付けます。
 アリガタバチがアリによく間違えられるのは、上に書いた大きさ以外にも、翅の無いものも多いからです。 翅はオスメス共に無い種や、メスだけ無い種、メスの翅が短くなった種も、オスメス共にちゃんとした翅を持っているものもあるようです。

|

« ユアサハナゾウムシの越冬姿 | トップページ | マネキグモ »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリガタバチ科の一種:

« ユアサハナゾウムシの越冬姿 | トップページ | マネキグモ »