« コガネコバチ科の一種(Moranila sp.) | トップページ | アリガタバチ科の一種 »

2013年2月19日 (火)

ユアサハナゾウムシの越冬姿

Yuasahanazoumusi130209_1

 ケヤキの樹皮の下にいたユアサハナゾウムシです。 上翅に半円周状黒紋があります。 よく似たものに、イチゴやバラなどを食害するイチゴハナゾウムシがいて、これも成虫で越冬するようですが、少し上翅の模様が異なるようです。
 ケヤキの樹皮下でよく見られるアカアシノミゾウムシなどは、長い口吻を体の下に入れて冬眠していますが、さらに長い口吻を持ったユアサハナゾウムシでは、口吻を前に突き出したままです。
 ところで、長い口吻を前に突き出しているユアサハナゾウムシの体長はどのようにして測ればいいのでしょうね。 とりあえず、口吻を除いた長さは3mmほどでした。

|

« コガネコバチ科の一種(Moranila sp.) | トップページ | アリガタバチ科の一種 »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユアサハナゾウムシの越冬姿:

« コガネコバチ科の一種(Moranila sp.) | トップページ | アリガタバチ科の一種 »