« ヒメコバチ科 Apleurotropis属 | トップページ | ハイミダレモンハマキ »

2013年1月16日 (水)

1月中旬のフリソデヤナギ

Furisodeyanagi130116_1

 フリソデヤナギは、ネコヤナギとバッコヤナギの雑種だということです。 名前の「フリソデ」は葉の垂れ下がった様子からだと聞きましたが、その芽鱗は赤く光沢があり、なかなか美しいもので、植木屋さんなどは赤芽(アカメ)と呼んでいます。
 今、その芽鱗の中から、白い毛をまとった花序が顔を出し始めています。

Furisodeyanagi130116_2

 ロウバイは花の盛りで、ソシンロウバイも咲き始めています。 スイセンの花も咲いています。 春の兆しがそこここに感じられるこのごろです。

|

« ヒメコバチ科 Apleurotropis属 | トップページ | ハイミダレモンハマキ »

木2 落葉樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/48786741

この記事へのトラックバック一覧です: 1月中旬のフリソデヤナギ:

« ヒメコバチ科 Apleurotropis属 | トップページ | ハイミダレモンハマキ »