« ハイミダレモンハマキ | トップページ | トウセンダンの果実 »

2013年1月18日 (金)

イボタロウオスヤドリトビコバチ

Microterys130116_1

 写真のトビコバチ科は、おちゃたてむしさんのところに載せられている「その2.」とたぶん同じで、イボタロウオスヤドリトビコバチ( Microterys ericeri )と思われます。 イボタロウカタカイガラムシに寄生するようです。 体長は2mm、翅端までは2.8mmでした。
 山岸先生の「寄生蜂の解説」には、トビコバチ科の特徴のひとつとして、「中胸背板は全体的にドーム状になり、斜溝を欠き、三角板のまわりの溝はX字型」とありますが、上の写真はこの特徴がよく分かります。 また、中脚が長く、脛節のけずめが長いというトビコバチ科の特徴も分かります。 トビコバチという名前は、このけずめを使って跳ぶことからということです。
 マテバシイの葉の裏にいましたが、これはマテバシイの葉が比較的厚くて大きく、風に揺れたりしにくいからでしょう。 写真を1枚撮っただけで動き出し、満足な写真を撮る前に葉から落としてしまいました。
 上記おちやたてむしさんのところのコメントでは、似た種類についても触れられています。

Microterys130116_2

 おちゃたてむしさんも書かれていますが、触角は顔の下の方についているため、とぼけたような顔に見えてしまいます。

Microterys130116_3_2

※ 2014.1.5. にオチャタテムシさんの記事を見て少し書き換えましたが、コメントをいただき、2014.1.8.にまた少し書き換えるとともに、タイトルも変更しました。

|

« ハイミダレモンハマキ | トップページ | トウセンダンの果実 »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
すみません、参考にしていただいた私の記事で M.ericeriではないかとしていた個体は別種の可能性が高くなってきました。詳しくは当該記事へのezo-aphidさんのコメントをご覧ください。

投稿: おちゃたてむし | 2014年1月 8日 (水) 20時32分

連絡いただき、ありがとうございました。さっそく書き換えます。
いろんな蜂で言えることですが、トビコバチも種類が多く、難しいですね。

投稿: そよかぜ | 2014年1月 8日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イボタロウオスヤドリトビコバチ:

« ハイミダレモンハマキ | トップページ | トウセンダンの果実 »