« ヘイケガニ | トップページ | オオスジチャタテ »

2012年12月25日 (火)

ツルウメモドキ

 家の近くのツルウメモドキ、日当たりがあまり良くないせいもあるのか、12月中旬になって、やっと黄色の果皮が割れ、赤い仮種皮が見えだしました。 上の写真の左上には、まだ果皮が割れていないものがたくさん残っています。
 果皮は3つに裂開し、黄色と赤との対比は色彩的になかなかのものです。

 ツルウメモドキはニシキギ科の落葉つる性木本で、雌雄異株です。 もちろん上は雌株ということになります。

 花は5月頃に咲きますが、小さな淡緑色の花で、あまり目立ちません。 ですから、花材などに使われるのは果実の方になります。
 上と下の写真は雌株の花(雌花)です。 雌花はガク片と花弁が5枚で、メシベは柱頭が3裂し、退化した5本のオシベがあります。

 雄株の花(雄花)は、写真は載せていませんが、5本のオシベが目立ち、中央に退化したメシベがあります。

|

« ヘイケガニ | トップページ | オオスジチャタテ »

ツル植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツルウメモドキ:

« ヘイケガニ | トップページ | オオスジチャタテ »