« セイタカシギ | トップページ | クロフハネナガウンカ »

2012年11月 9日 (金)

ツメレンゲ

Tsumerenge121109_1

 ツメレンゲは、ベンケイソウ科イワレンゲ属に分類される多年生の多肉植物で、関東以西の本州、四国、九州に分布します。
 多肉植物は多くの水分を組織内に貯えていて、乾燥に耐えることができますが、雨の多い日本でも、雨がしみ込まない岩上など、乾燥し易い所はあります。 ツメレンゲも、他の植物がなかなか生きられない乾燥した岩場が本来の自生地です。 エフさんのブログには海岸の岩場の咲き始めの状態のツメレンゲが載せられていますが、最初に載せたツメレンゲは年月を経た石垣で育っていたものです。
 下の写真のように年代を経た瓦屋根に生えているのも見かけることがありますが、このなかには、水分を多く含んだツメレンゲにより火災の延焼を防ごうと、意図的に移植されたものもあるようです。

Tsumerenge001111_1

 ツメレンゲは、他の植物がなかなか生きられない厳しい環境に生きている植物ですから、その成長はゆっくりです。 風に乗って運ばれてきた種子が発芽しても、開花までは3年ほどかかります。 この間は下のようなロゼットで過ごし、周囲に子株を形成していきます。

Tsumerenge121109_2

 ツメレンゲの名前は、このロゼットの様子を蓮華(れんげ)座(=仏様の台座)に見立て、また、葉の先端が尖っているのを獣の爪に見立てたものでしょう。

 花が咲くのは10月~11月です。 それまでロゼットで生活していたものの中央が伸び上がり、最初の写真のような塔状の花穂を形成します。 花は花穂の下から上へ順に咲いていきますが、花を咲かせることとその後の種子形成に貯えていた栄養分を使い果たし、開花した株は枯れてしまいます。 1枚目の写真のツメレンゲは、花がほとんど終わりの状態ですが、周囲にあるロゼットに比べて、葉にも元気がありません。
 1つの花は、花弁は5枚で白色、オシベは10本、メシベは5心皮からなります(下の写真)。

Tsumerenge121109_3

 ツメレンゲは、上に書いたように、乾燥という厳しい条件下でも生きられる逞しい植物ですが、ロゼットの時期に上を他の植物に覆われてしまうと光合成できなくなり、植物間の生存競争には弱い植物です。 限られた環境でしか生存できず、生長には時間がかかり、そこに人の営みによる悪影響が加わり、個体数は減少してきています。

|

« セイタカシギ | トップページ | クロフハネナガウンカ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツメレンゲ:

« セイタカシギ | トップページ | クロフハネナガウンカ »