« ツメレンゲ | トップページ | ヒガラ »

2012年11月10日 (土)

クロフハネナガウンカ

Kurofuhanenagaunka121108_1

 コナラの樹皮の割れ目に潜む白っぽい小さな虫、体長は翅端まで9mm、最初は蛾だと思いました。 写真を撮っていると、幸い適度に逃げ回り、いろんな方向を向いてくれたので、いろんな角度からの撮影はできたのですが、どうも顔の付近が複雑で暗く、よく分かりません。 フラッシュの光の方向をいろいろ工夫しながら撮っているうちに、どこかで見たような眼であることに気づきました。 ハネナガウンカの眼です。 ハネナガウンカの仲間は、その名のとおり、体に比べて翅が長いのが特徴ですが、写真のものも、腹部の端よりずっと長い翅を持っています。

Kurofuhanenagaunka121108_2

 ハネナガウンカは、このブログではこれまでにアカハネナガウンカマダラハネナガウンカを載せていますが、これらは翅を横に広げています。 今回は最初にハネナガウンカだと思わなかった理由の1つは、翅をくっつけていたからです。

Kurofuhanenagaunka121108_3

 調べてみると、クロフハネナガウンカのようです。 他のブログを見ても、クロフハネナガウンカは、翅をくっつけてとまるようです。
 マダラハネナガウンカでも、偽瞳孔のある複眼の斜め下後方にオレンジ色をした円柱状の突起がありましたが、これがクロフハネナガウンカではいびつな球形をしていて、カメラのファインダーを通して見ていると複眼のようにも見えて、顔のつくりの理解を妨げます。 たぶんこれが「触角下突起」と呼ばれるものでしょう。

|

« ツメレンゲ | トップページ | ヒガラ »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロフハネナガウンカ:

« ツメレンゲ | トップページ | ヒガラ »