« オオトビサシガメ | トップページ | アシダカグモは果物も食べる!? »

2012年10月12日 (金)

ツルリンドウ

 ツルリンドウはツル性の多年生草本です。 ツルはあまり長く伸びませんから、何かに巻きついて高い所まで登ることはありません。 葉は対生し、3本の脈が目立ちます。

Tsururindou120924_1

 花は8月~10月に咲きます。 花の基本的なつくりはリンドウなどによく似ています。 以前リンドウの自家受粉を防ぐしくみについて書きました(こちら)が、ツルリンドウでも同様のことが起こります。 簡単にまとめておくと、柱頭の開いていない(=受粉できない)メシベにオシベがくっついて花粉を出し、花粉を出し終わったオシベが離れてから、メシベの柱頭が開きます。 しかし、これで受粉できなかったら・・・。

Tsururindou120924_2

 上の写真では、開いてねじれた柱頭とオシベがくっついています。 花の終盤になると、オシベが再度メシベに寄って来て自家受粉を行うようです。 できるだけ自家受粉を避けながらも、それで受粉できない場合も想定し、最後には自家受粉のしくみも用意する作戦のようです。 ですから、ツルリンドウの結実率はかなり高いように思います。

Tsururindou101103_1

 果実は11月頃に赤く熟します。 鳥に食べてもらって種子を運んでもらわなければなりませんから、花が垂れ下がりぎみなのに対し、果実は持ち上げられています。 結果として、ツルリンドウは花より果実の方が目立つようです。

|

« オオトビサシガメ | トップページ | アシダカグモは果物も食べる!? »

ツル植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツルリンドウ:

« オオトビサシガメ | トップページ | アシダカグモは果物も食べる!? »