« シマハナアブ | トップページ | ヒラヤマシマバエ »

2012年10月22日 (月)

ハナタデ

Hanatade121006_1

 ハナタデは、葉の形や花序の長さなどに変化が多く、花の色も濃淡がありますが、大雑把に言えば、イヌタデの花をまばらにしたような印象のタデです。 イヌタデより花穂が長い場合が多いようですが、ボントクタデのように垂れることはありません。
 葉の先は急に細くなっていますから、次第に細くなるイヌタデと区別できます。 上の写真のように葉の中央部に黒斑のあるものが多いようです。

Hanatade121006_2

 ボントクタデのところにも書いたように、花には花弁が無く、花弁のように見えるのはガク片で、このガク片は花後も残り果実を保護することは、この仲間の特徴です。 上の写真でも、紅色に育った果実がガク片の上に少し見えています。 この果実は完熟すると黒色になります。

|

« シマハナアブ | トップページ | ヒラヤマシマバエ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハナタデ:

« シマハナアブ | トップページ | ヒラヤマシマバエ »