« アオマツムシ | トップページ | ヒロヘリアオイラガの幼虫 »

2012年10月 6日 (土)

ナベナ

Nabena120924_1

 ナベナはマツムシソウ科の越年性の1年草です。 高さは1mを超えますが、私がよく見るのは山地の渓流沿いで、写真のように横に倒れてから上を向いている場合です。 光が足らないのでしょうか。
 対生する葉は深く切れ込んでいます。

Nabena120924_2

 花のつき方は、キク科同様、頭状花序です。 ツボミの時(上の写真)を見るとよく分かりますが、総苞の上にたくさんの花が集まっています。 それぞれの花は鱗片の上に咲きますが、総苞にも鱗片にも長いトゲがあります。

Nabena120924_3

 花は9月に咲きます。 筒状の花(小花)は先端が4裂しています。 オシベは4本で、オシベが花粉を出し終わり、葯がなくなった後に、白色のメシベが目立ってきます。

Nabena120924_4

 茎にも鋭いトゲがたくさん生えています(上の写真)。

Nabena101023_1

 上は果実の様子です。 写真は10月下旬に撮ったものですが、痩果はなかなかバラバラにはなりません。 縁に毛の生えたガク片は、ツボミや花の時には小さくて目立たなかったのですが、果実を覆うように保護しています。

※ 同じマツムシソウ科のチーゼルはこちらに載せています。

|

« アオマツムシ | トップページ | ヒロヘリアオイラガの幼虫 »

草1 合弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナベナ:

« アオマツムシ | トップページ | ヒロヘリアオイラガの幼虫 »