« ホソバノウナギツカミ | トップページ | ハナタデ »

2012年10月21日 (日)

シマハナアブ

 ソバの花にシマハナアブが来ていました。

Simahanaabu121005_1

 シマハナアブはナミハナアブと共に普通に見られるハナアブで、いろんな花をよく訪れています。 平地では春と秋によく見られますが、夏期は涼しい高地へ移動しているようです。

Simahanaabu121005_3

上の写真といちばん下の写真では、蜜を吸うために口吻を伸ばしています。 体には花粉があちこちについています。 花にとっては、良いポリネーター(花粉媒介者)です。

Simahanaabu121005_2

 ハナアブの仲間の識別はなかなか難しいものです。 下にナミハナアブとの比較で、シマハナアブの特徴を整理してみました。 腹部背面の模様は、目につきますが、個体差が大きいようです。

  • シマハナアブの胸部背面には明瞭な横帯がある(上の写真)。 ナミハナアブではあっても不明瞭。
  • シマハナアブの後脚脛節は細く、前半が黄色(上の写真)。 ナミハナアブの後脚脛節は黒一色で太い。
  • 顔を正面から見たときの縦の黒いラインが、シマハナアブの方が細い(下の写真)。
  • ナミハナアブの複眼には、よく見ると、縞状の模様がある。
  • シマハナアブの方がナミハナアブより少し小さい。

Simahanaabu121005_4

 幼虫は汚水中で腐食物を食べて育ちます。

(2012.10.5.「堺自然ふれあいの森」にて撮影)

|

« ホソバノウナギツカミ | トップページ | ハナタデ »

昆虫06 ハエ・アブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205894/47540310

この記事へのトラックバック一覧です: シマハナアブ:

« ホソバノウナギツカミ | トップページ | ハナタデ »