« オトコエシの花陰で | トップページ | アブラガヤ »

2012年9月 8日 (土)

キシャヤスデ

Kishayasude120710_1   (2012.7.10.堺自然ふれあいの森にて撮影)

 まずはキシャヤスデの名前から。 このヤスデが知られるようになったのは、1976年の秋の小海線での大発生からで、列車に轢かれたヤスデの体液で車輪がスリップし、列車が急勾配を登れなくなりました。 このことから、このヤスデは「汽車ヤスデ」と名付けられました。 このヤスデによる列車妨害は、その後も、福井県、岐阜県、長野県、山梨県などで報告されています。
 この大発生は、ほぼ8年の周期があることが分かってきました。 この大発生は、滋賀県から栃木県にわたる範囲で観察されています。
 キシャヤスデは、年1回の脱皮で、8年目に成虫になります。 幼虫のうちは土の中で暮らしていますが、成虫になると雌雄の出会いを求めて地表に出てきます。

 ヤスデとムカデは、どちらも多足類で、互いによく似ています。 ムカデとヤスデの簡単な見分け方は、ムカデの仲間は体節に1対の脚があるのに対し、ヤスデの仲間では各体節に2対の脚があります。

Kishayasude120710_2

 肉食性のトビズムカデなどは、溶血性の毒を持ち、咬まれないようにしなければなりません。 しかしヤスデの場合は、上の写真のように頭部を拡大しても、牙は見当たりません。 ヤスデは腐食食性で、主な食べ物は森林中の落葉などで、森林の優れた分解者です。 外敵に襲われても、体を丸めて防衛します。 ただし、この時に出す臭液の毒性は強いようです。
 多足類の分類については、イッスンムカデのところでまとめておきました。

|

« オトコエシの花陰で | トップページ | アブラガヤ »

無脊椎動物(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キシャヤスデ:

« オトコエシの花陰で | トップページ | アブラガヤ »