« オオシマカラスヨトウ | トップページ | クロタマムシ »

2012年9月 5日 (水)

アマチャヅル

 アマチャヅルは林縁などに生育するウリ科の多年生ツル植物です。 葉をかむと、かすかに甘いのですが、それよりも、1977年に日本生薬学会で、アマチャヅルがオタネニンジン(薬用朝鮮人参)と同様の有効成分を有することが発表され、一時はブームになりました。

Amachazuru120830_1

 葉は互生する鳥足状複葉で、ヤブガラシに似ていますが、ヤブガラシよりも葉質は薄くて柔らかく、葉の表にも裏にも毛があり、手触りはヤブガラシの葉とはかなり違います。

Amachazuru120830_4

 上は葉の表の拡大で、葉脈に沿って短い毛が並び、葉脈とは無関係に長い毛が生えています。 また下は葉の裏の様子で、葉脈に沿って長い毛があります。

Amachazuru120830_5

 アマチャヅルの花は8月から9月に咲きます。 雌雄異株で、雄花雌花とも星状の小さな花ですが、拡大して見ると、なかなか趣のある花です。

Amachazuru120830_2

 上は若い雄花で、オシベ5本からの花粉はまだ出ていません。 深く5裂する花冠の先は長く伸びています。
 下は花粉を出し始めている雄花です。

Amachazuru120830_3

 近くを探したのですが、雌花は見つかりませんでした。 雌花にはオシベは無く、メシベが1本あります。

※ アマチャはアマチャヅルとは全く別の植物で、ガクアジサイの変種です。

|

« オオシマカラスヨトウ | トップページ | クロタマムシ »

ツル植物」カテゴリの記事

コメント

出会っていながら、アマチャヅルの花がこんなに繊細だとは気付きませんでした。
裾引くような花びらが優雅ですね。
今度はゆっくり観察します。

投稿: ひとえ | 2012年9月 6日 (木) 08時56分

同じウリ科だけあって、どこかゴキヅルなどとも共通点を感じます。
雌花と実も撮りたいものです。

投稿: そよかぜ | 2012年9月 6日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマチャヅル:

« オオシマカラスヨトウ | トップページ | クロタマムシ »