« ヒマワリの花の観察 | トップページ | ミヤマチドメ »

2012年8月25日 (土)

マダラハネナガウンカ

Madarahanenagaunka120816_1

 タケニグサの葉の裏にいたハネナガウンカの仲間、調べてみるとマダラハネナガウンカのようですが、模様には個体差があるようです。

Madarahanenagaunka120816_3

 ハネナガウンカの仲間(ハネナガウンカ科)は熱帯地方に分布の中心を持つ昆虫で、日本のような温帯では、気温が高くなってから本格的に成長するのか、成虫が見られるのは夏~秋です。
 以前、アカハネナガウンカを載せましたが、マダラハネナガウンカも愛嬌のある顔をしています。 複眼でマークを作っているのもいいですね。

Madarahanenagaunka120816_2

 警戒すると翅を閉じると書かれてあるのですが、この時は葉を揺らしてしまった瞬間に、この姿勢からそのまま飛び去ってしまいました。

|

« ヒマワリの花の観察 | トップページ | ミヤマチドメ »

昆虫03 カメムシ・セミ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、

こんなキレイな色のハネナガウンカもいるのですね。
ハネナガウンカは、愛嬌のある顔をしているので、気に入っている虫の一つです。
今年は、アカハネナガウンカが豊作(?)で、今日も見つけたので思わず撮ってしまいました(^^;。

投稿: そら | 2012年8月26日 (日) 21時34分

愛嬌のある顔に見える原因のひとつとして、偽瞳孔がはっきりしていることが挙げられると思います。
たしかそらさんはフラッシュを使っていなかったと思いますが、それでもハネナガウンカの偽瞳孔ははっきり写るんですね。

投稿: そよかぜ | 2012年8月26日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マダラハネナガウンカ:

« ヒマワリの花の観察 | トップページ | ミヤマチドメ »