« ノギラン | トップページ | ホルトノキ »

2012年7月21日 (土)

チャイロチョッキリ

 チャイロチョッキリがクモの巣に引っかかっていました(堺自然ふれあいの森)。 ここで何があったのか、このクモの巣は同じ写真に写っているクモのものなのか別のものなのか、チャイロチョッキリの左上翅は欠けて下翅が折りたためない様子ですが、体にクモの糸は巻きつけられていませんし、脚を動かしています。

Chairochokkiri120710_1

 クモの餌を取り上げるのならクモに悪いのですが、状況から見てそうでも無さそうなので、チャイロチョッキリを助けることにしました。
 ところが、葉の上に載せてやると、すぐに葉の裏に回ってしまいました。 チャイロチョッキリはよく飛ぶのですが、飛び去ってしまわないだけで、良しとしましょう。

Chairochokkiri120710_2

 しかし改めてよく見ると、毛深いですね。 脚から触角まで、長毛の見当たらないのは下翅と複眼くらいです。

Chairochokkiri120710_3

 チャイロチョッキリはクリ、コナラ、カシ類の葉にいるところはよく目撃されていますが、自然状態での産卵行動は、まだ知られていないようです。

|

« ノギラン | トップページ | ホルトノキ »

昆虫08 甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイロチョッキリ:

« ノギラン | トップページ | ホルトノキ »