« ヘラクヌギカメムシ(?) | トップページ | エゾオナガバチとオオホシオナガバチの産卵 »

2012年6月 2日 (土)

コウモリカズラ

Koumorikazura120526_1

 コウモリカズラはツヅラフジ科(ツズラフジ科)の落葉性ツル植物です。 和名は葉(葉身)の形が飛んでいるコウモリに似ているツル植物だからでしょう。 浅く(3~)5~9裂する葉身は葉柄に楯状についています。
 雌雄異株で、写真は雌株です。 かなり大きな群落だったので、雄株も探したのですが、見つかりませんでした。 群落全体が1つの株から出発しているのかもしれません。
 下は雌花です。 頂生の花では、ガク片6枚と、それより少し小さい花弁が9~10枚あると書かれてある(保育社「原色日本植物図鑑」)のですが、どちらも白っぽい色で、よくわかりません。 それよりも上記の図鑑には書かれていないのですが、細長い仮オシベがあるように見えます。 メシベは3(~4)心皮から成り、それぞれの柱頭は2分しています。

Koumorikazura120526_2

 実は青黒く熟しますが、アルカロイドを含んでいますので、食べると神経障害や痙攣などが起こります。

|

« ヘラクヌギカメムシ(?) | トップページ | エゾオナガバチとオオホシオナガバチの産卵 »

ツル植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
コウモリカズラは今頃が花期なんですね。
近所の公園で保護されていましたが、花はまだ見たことがありませんでした。
こんな花だったんですね。

投稿: 多摩NTの住人 | 2012年6月 3日 (日) 17時14分

アオツヅラフジなどツヅラフジ科の花は小さいですが、なかなか個性的ですので、雄花とセットで載せたかったのですが・・・。
小さな花が次々と咲いて、花期は比較的長いようですね。

投稿: そよかぜ | 2012年6月 3日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コウモリカズラ:

« ヘラクヌギカメムシ(?) | トップページ | エゾオナガバチとオオホシオナガバチの産卵 »