« チュウシャクシギのお食事 | トップページ | ムラサキツマキリヨトウ »

2012年5月12日 (土)

ハルユキノシタ

 ハルユキノシタはユキノシタに近縁の植物で、「春に咲くユキノシタ」の意。 では、ユキノシタの花期は・・・やはり春です。 生育地にもよりますが、ほぼ1ヶ月ハルユキノシタの方が早く開花しますが・・・。 ハルユキノシタの自生地は本州中央部の深山ですので、この写真は京都府立植物園で4月25日に撮ったものです。 そして間もなくユキノシタも咲き出すでしょう。

Haruyukinosita120425_1

 自生地では湿った崖などに生える点はユキノシタに似ています。 葉は淡緑色で、ユキノシタのように下面が赤紫色を帯びることはありません。 それに、ユキノシタのように走出枝を出すことはありません。
 花のつくりは、メシベの花柱が2本であることや、花弁5枚のうち、上方の3枚が小さくて下方の2枚が大きいなど、基本的にはユキノシタと同じです。 しかしユキノシタの上方3枚の花弁には濃い紅色の模様があるのに対し、ハルユキノシタの上方3枚の花弁の斑紋は黄色です。

Haruyukinosita120425_2

 ユキノシタやハルユキノシタに似た植物として、ジンジソウやダイモンジソウなどがありますが、ジンジソウの花期は秋で、ダイモンジソウの花期は夏ですし、それぞれ葉の形も花の様子も少しずつ異なります。

|

« チュウシャクシギのお食事 | トップページ | ムラサキツマキリヨトウ »

草2 離弁花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハルユキノシタ:

« チュウシャクシギのお食事 | トップページ | ムラサキツマキリヨトウ »