« アマ | トップページ | 写真等の追加 »

2012年5月30日 (水)

ダイミョウキマダラハナバチ

 ダイミョウキマダラハナバチはコシブトハナバチ科キマダラハナバチ亜科に分類されています。 キマダラハナバチの仲間にもたくさんの種類があって、互いによく似ていて見分けるのが難しい(こちら)のですが、ダイミョウキマダラハナバチはその中で最も大きく、体長は13mmほどあります。 春(4月~5月)にのみ現れて、よく花に来ています。

Daimyoukimadarahanabachi120518_1

Daimyoukimadarahanabachi120518_2

Daimyoukimadarahanabachi120518_3
※ 写真は3枚ともクリックで拡大します。

 このダイミョウキマダラハナバチは、オスが知られておらず、メスだけで単為生殖をすると言われています。 また、自分で巣を作らず、ヒゲナガハナバチの巣に労働寄生する(卵を産んで育ててもらう)とのことです。

|

« アマ | トップページ | 写真等の追加 »

昆虫07 ハチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイミョウキマダラハナバチ:

« アマ | トップページ | 写真等の追加 »