« ハマダラヒロクチバエ | トップページ | マダラトベラキジラミ »

2012年5月21日 (月)

ニセジュズネノキ

 植林の林床で、ニセジュズネノキが、昨年の実をつけたまま、花を咲かせていました。 ニセジュズネノキは、関東以西のこのような林内の日陰に生える常緑小低木です。

Nisejuzunenoki120518_2

 ニセジュズネノキはアカネ科アリドオシ属に分類されており、トゲが目立ちます。 名前の「ニセ」は、同属のナガバジュズネノキやオオバジュズネノキなど(これらの木にはトゲはほとんどありません)の根がしばしば数珠状に膨らむのに対し、ニセジュズネノキの根は数珠状に膨らまないことからです。
 ニセジュズネノキのトゲの長さは、ほぼ1cmに達します。 葉の長さが2.5~3cmほどですので、トゲの長さは、ほぼ葉の長さの1/3ほどになります。
 トゲの目立つよく似た木にアリドオシがありますが、アリドオシの葉はトゲとほぼ同じ長さの1~2cmほどです。

Nisejuzunenoki120518_1

 花は通常2つずつつきます。上の写真の左上の1つの花は、既に花冠が落ちてメシベだけになっています。
 花冠の内面には白い毛が生えています。 オシベは4本で、メシベの柱頭も4裂しています。 上の写真では白っぽい花の白い毛に囲まれて、色の似た葯と柱頭が並んでいますので、分かりやすくするために花の断面を作ってみました(下の写真)。

Nisejuzunenoki120525_1

|

« ハマダラヒロクチバエ | トップページ | マダラトベラキジラミ »

木1 常緑樹」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセジュズネノキ:

« ハマダラヒロクチバエ | トップページ | マダラトベラキジラミ »