« トリカブトとニリンソウ | トップページ | ヒメカンスゲ »

2012年4月10日 (火)

オオマエキトビエダシャク

 羽化したばかりと思われる、美しいオオマエキトビエダシャクがいました。

Oomaekitpbiedashaku120408_3

 いつもペチャッと張り付いている蛾なので、近くにあった落ち葉の葉柄に止まらせて、裏を見せてもらいました。

Oomaekitpbiedashaku120408_2

 気温が低かったからか、羽化したばかりだからか、飛び立てず、必死で葉柄につかまっていました。

Oomaekitpbiedashaku120408_1

 オオマエキトビエダシャクは漢字で書くと「大前黄鳶枝尺」でしょう。 マエキトビエダシャクというのがいるのですが、それよりも大きく、前(前翅前縁)が黄色で、他は鳶色のエダシャクということでしょう。

 オオマエキトビエダシャクは3月から出現し、10月頃まで見られるのですが、前述のマエキトビエダシャクが見られるのは、それより遅れて5月中旬頃からです。
 下は9月に撮ったマエキトビエダシャクです。 両者はよく似ているのですが、下の水色の楕円で囲った部分で、マエキトビエダシャクでは黄色の斑紋状になっています。

Maekitobiedashaku110924_1

|

« トリカブトとニリンソウ | トップページ | ヒメカンスゲ »

昆虫04 ガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオマエキトビエダシャク:

« トリカブトとニリンソウ | トップページ | ヒメカンスゲ »